イルムス

ILLUMS NEWS

トップページ > 各店舗ごとのお知らせ > 日本とデンマーク国交150周年記念 ARNE JACOBSEN WATCH SPECIAL BOX 限定200セット発売

日本とデンマーク国交150周年記念 ARNE JACOBSEN WATCH SPECIAL BOX 限定200セット発売

17.09.07

170907a.jpg
◆発売開始日:2017年9月8日(金)~
◆販売店舗:日本橋店・横浜店・梅田店・オンラインショップ

2017年1月12日、日本とデンマークが修好通商航海条約を締結してから150周年を迎えました。

歴史の積み重ねの記念となる年に、両国を結ぶデザインというキーワードを踏まえて、 デンマークを代表するデザイナーである、アルネ・ヤコブセンの『アニバーサリーウォッチ』が発売されます。
フェイスには国立銀行のためにデザインされ、晩年の傑作と言われるバンカーズのデザインを採用。 ストラップはグレーレザーとメッシュストラップを採用し、自由に交換頂けます。 ヤコブセンのアイコン的な作品でもあるエッグチェアがセットになったスペシャルボックス。 日本国内限定200個のみ。シリアルナンバー入りのプレートがプレミア感を高めます。


イルムスでは上記3店舗とオンラインショップにて販売いたします。
数量限定の貴重なアイテムを是非お買い求めくださいませ。

170907b.jpg

日本とデンマーク国交について

2017年1月12日、日本とデンマークが修好通商航海条約を締結してからちょうど150周年を迎えました。

江戸が終わりを告げてすぐに、日本とデンマークは友好関係を築いてきました。
そしてこの150年の間に多くの社会的、文化的交流を続けてきました。
例えば1869年の浮世絵の中には、日本で初めてデンマークの国旗が描かれています。
1873年には日本初の外交使節団がデンマークを訪れていて当時の写真が残っています。
近年でこそ、日本のアニメや和食がデンマークで注目されたり、デンマーク王室の来日があったり、
フライングタイガーやレゴなどデンマーク製品を日常的に目にするようになりましたが、
これらも150年の交友関係の積み重ねの上にあることなのです。

そのような多くの関係がある中、日本とデンマークを結ぶ一つのキーワードとして"デザイン"があげられます。
使用言語や生活習慣が異なっても、あるデザインを見て美しいと感じる感覚が近いということが、しばしば言われます。
今では北欧デザイン"という言葉は定着していますが、北欧の素晴らしい建築やプロダクトが日本で広く受け入れられたのは、
それらが日本人の感覚と近しい価値観のデザインであったからかもしれません。

1886年には葛飾北斎の作品に影響を受けたデンマーク人がロイヤルコペンハーゲンをデザインしています。
また20世紀を代表するデンマークのデザイナーの中には、日本を訪れた経験があったり、
何らかの経緯で日本の影響を受けた人が少なくありません。
1958年には島崎信氏がデンマーク王立アカデミーで学びアルネ・ヤコブセンやボーエ・モーエンセンと交流をもっています。